乳首の色に実は悩んでいる人は要チェック!

乳首の色に悩んでいる人は実は少なくありません。胸の形には自信があるのだけど、色が黒ずんでいて、

温泉に行ったり、着替えを見られたりするのが嫌だという人もいるでしょう。

もう諦めている人もいるかもしれませんが、実はこの乳首の黒ずみを改善させることってできるんです。

え!?そうなの?と思った人はしっかり読んでみてくださいね!

レーザー治療とかなんか特別なことをしなくちゃいけないのでしょと思った人は不正解です。

実は何とハチミツとヨーグルトという身近なものを使って、黒ずみの改善をさせることができます。

これなら家にある人もいるし、ちょっと買い物に出ればすぐに取りかかることができますね。

この美味しそうな材料を使った方法は、濃い黒ずみではない人、副作用のあるものは使いたくない人、

コスパが良い方法で改善したい人にオススメです。

なぜ、ハチミツとヨーグルトの組み合わせが良いかといえば、ハチミツは肌のターンオーバーを促進させ、

肌に蓄積したメラニンを排出させる効果があります。ヨーグルトは含まれている乳酸やフルーツ酸が

黒ずみを解消する効果があり、これらの二つの材料は保湿力もあるために、毎日使ってもどんどんと

黒ずみが解消されて潤いもバッチリと二重の嬉しい効果が期待できます。

大事なことは乳輪と乳首に厚めに塗り、3分から5分程度置くことです。即効性がある方法ではないので、

地道にコツコツと続けることもポイントですよ。

どちらもよく知る食材で安心して使うことができますが、乳首の色が濃い人や確実に色を変えたいと

いう人には乳首の黒ずみ専用のクリームを使うことをお勧めします。”

体のスキンケアも始めてみようと感じました

顔の肌用のスキンケア用品は沢山出ているけれど、体のスキンケア用品は少ないなと感じていました。

特に、薬局などではデリケート用品は少ないのです。

乳首の黒ずみケアやデリケートゾーンの黒ずみは、以前から気になっていましたが、どうしたら良いのかわからなくてそのままにしていました。

ある時、サウナで他の女性の裸を見てしまったのですが、すごく乳首の色が綺麗で思わず見とれてしまったのです。

私は、その時から鏡で自分の乳首をチェックするようになりました。

30歳を過ぎて、若い頃よりも乳首が綺麗ではないよなと思っていたのです。

今は彼氏もいないから、誰にも見せる必要がないけれど、このままではサウナでも誰かに見られたくないと感じるようになりました。

そこで、何をしたら良いのかわからず、まずは顔に塗っている美白化粧品を乳首にも塗るようにしたのです。

効果があるのか1週間程試しましたが、特に変化は見られません。

その後には、美白化粧品のクリームを乳首に塗り込んだ後に、ニベアクリームを塗ってみました。

重ね塗りをすると、乾燥に効果があるのではないかと思ったのです。

よく調べてみると、乳首の黒ずみは、乾燥が原因で古い角質が取れていないようでした。

そういえば、体の保湿ケアは怠けていたので、そのせいかもしれません。

私は、美白化粧品で乳首を保湿した後に、ニベアクリームを塗るようになり、乳首にハリが出てきました。

色はすぐには変化はなかったのですが、徐々に黒い色から綺麗になってきたと思います。

乳首のケアだけじゃなく、ワキや腕のスキンケアも始めてみようかなと感じているのです。

乳首はお肌が薄かった!ケアすれば生まれ変わる?

脱衣所で下着を脱ぐと、鏡に自分の裸が写ってガッカリしたことがありました。

白い肌に、はっきりとしたこげ茶の乳輪が「これでもか」と言わんばかりに自己主張していたのです。

それはいつしかコンプレックスになりつつあり、ネットで散々「黒い乳首」について調べました。

意外にも、男性目線ではさほどに気にしないという意見も見られ少し安心するのですが、その晩にはまた鏡の中の自分に再会してしまいます。

男性のためではなく、自分の悩みを軽くするために努力してみようと思いました。色んなアイテムの口コミや評価を参考にして、石鹸やら美容液やら試したのですがあまり効果は感じられず、最後には全身用として消費することに(笑)

お金ばかり使って変化がないので、自己嫌悪になりそうでした。

そしてある時ふと、「シンプルイズベスト」という悟りが開けました。なぜかはわかりません。多分、体調が良かったのだと思います。

多くの美容研究家が、保湿が大事!と声を揃えて言うのを思い出し、徹底的にバストを保湿するようになりました。

お風呂上がりには、顔に化粧水や乳液を付けますよね?その流れで、バスト(特に乳輪まわり)を丁寧に保湿します。

さらに、ブラジャーの摩擦を減らすため、寝るときにはノーブラで寝るようにしました。

すると、バスト全体のお肌がツヤを取り戻し、乳輪も何だかトーンアップしてきました。私の場合は約1週間ほどて変化がありました。乳液よりもクリームの方がより肌を守ってくれたように思います。

毎日、お風呂上がりのケアのついでに出来るので、時間もお金もかかりません。安心して継続できるのも良いですね。3ヶ月後、半年後を楽しみにこれからも続けていこうと思います。

そのバストの張りや痛み 生理前症候群かも?

生理前になると女性は胸が張って痛くなる事があります。これは生理前症候群の症状として起こる一つの例です。ここでは生理前症候群とバストの張りについて知りましょう。

生理前症候群

生理前になれば女性の体は妊娠に備えて体の状態を整えるようになります。この際に重要な働きをするのが女性ホルモンであるプロゲステロンです。プロゲステロンの分泌が増える時期はホルモンの影響を強く受けて心身ともに崩れ気味です。

このような症状を生理前症候群と言います。黄体期に起きる生理前症候群の症状の一つには、乳腺が変化する事が挙げられます。乳腺内の血管が拡張したり、乳腺組織が変化する事で胸に張りが出たり痛みが出たりするのです。また疲労感や頭痛を感じる人もいます。

生理前症候群の対策

生理前症候群による症状は人によりいろいろありますが、いずれも黄体ホルモンの分泌が減る生理開始時にはおさまるようになっています。したがって胸が張ったり、痛んだりする症状もこの時期には弱くなります。

生理前症候群には絶対的に有効な治療法などは無く、睡眠をしっかりと取る事と、バランスの取れた食事を心がける事が重要です。食事は女性ホルモンのバランスを整える目的から、大豆類を食べる事が有効になります。

大豆は質のいいたんぱく源を持ち女性ホルモンが起こすいろいろな症状を抑制する働きがあります。また乳腺の不快症状に対してカルシウムをたくさん摂る事が効果的と言われています。

注意点としてはバストの張りや痛みは生理前症候群以外でも起こる事があるので、もしも乳房にしこりなどがあると感じる時には、乳ガンかもしれませんから、病院で早急に診察してもらうようにしましょう。

まだ20代なのにバストが垂れる理由は?

胸は女性らしさの象徴です。バストが垂れてくると女性として終わりに近づいているようで焦る人もいます。しかも、まだ20代なのにバストの垂れが気になる人もいるのです。ここでは若くして胸が小さくなる理由について知りましょう。

ハードな運動が原因

ダンスやテニス、バレーボールなどの激しい運動や階段の昇り降りでは体を大きく動かす事になります。この体重移動の時に胸が大きく揺さぶられる事から、衝撃がクーパー靭帯に影響して伸ばしてしまいます。

ハードな運動をする人の対策としてはスポーツブラを付けるようにする事です。これで胸が揺れないようにしっかりとサポートする事ができます。結果的にクーパー靭帯の伸びも防げるので胸が垂れる事を予防できます。

運動しなくなったから

逆に運動しなくなる事も理由になります。例えば10代の時にはよく運動していたけれども、20代になり運動する事が無くなったなら大胸筋や小胸筋が弱くなっている事が考えられます。適度な運動を心掛けて胸を支える土台になる筋肉を強くして胸が垂れる事を防ぎましょう。

栄養が足りていない

過剰なダイエットをしてしまい、栄養が不足してバストの乳腺を保つ事ができずに胸が垂れてしまう事もあります。乳腺をキープできるように必要な栄養素をしっかりと摂取する事は重要です。

下着の付け方に問題がある

下着の付け方が上手くできない時には胸が垂れる理由になる事があります。着用の仕方に問題がないか確認してみましょう。

姿勢が悪いと胸が垂れてしまう

猫背の人などは胸が垂れてしまいます。胸部が圧迫されるようになるので、バストへの血液の流れが悪くなり胸の細胞が新陳代謝をするために大事になる栄養素も酸素も運ばれなくなります。そのため乳腺も衰えてしまい胸が垂れるようになります。

20代でもバストが垂れる理由はいろいろです。思い当たる事がある人は改善しましょう。

バストが生理前にズキズキと痛むのはなぜ?


生理前には体重が増えやすいとかむくみやすかったり、肌荒れしやすい、食欲がアップするなど人によって様々な症状(いわゆるPMS、またの名を生理前症候群)が出ますね。

そんなPMSの諸症状の中に、「バストがズキズキと痛む」というものがあります。

痛みがひどい場合はシャワーを浴びても痛いなど日常生活に支障が出る場合もありますね。

そもそも、この「生理前のバストの痛み」の原因も、他のPMS症状と同様に女性ホルモンの影響によるものです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類がありますが、排卵後から生理前まではプロゲステロンというホルモンの分泌が増えます。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも言い、このホルモンの分泌の多いいわゆる「黄体期」には、乳腺が刺激を受けることでバストが張ったりズキズキと痛んだりしやすくなるのです。体が妊娠に備えて乳腺の組織細胞を変化させているのですね。また、バストの痛みだけでなく、頭痛や倦怠感を感じる人もいます。

この症状はホルモンによるものなので、生理が始まったら落ち着くのですが、どうしても痛みが辛い…という人は、低用量ピルを服用するという手もあります。

低用量ピルは本来は避妊のために使うものですが、女性ホルモンの変動の波を小さくするはたらきがあるので、バストの痛みを含めたPMS症状の緩和に一定の効果があるとされています。

ただ、ピルは医師の処方箋が必要です。「ピルを飲むのはちょっと…」と言う人は、効き目の穏やかな漢方を試してみるのも良いでしょう。

PMSに効果があるとされる漢方薬には加味逍遥散(かみしょうようさん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがあります。

いずれにしても自分の体に合ったものを飲むのが大事なので、漢方外来で詳しい症状などを医師に相談してから処方してもらうようにしましょう。

バストのサイズを上げるためのエクササイズ

女性にとってバストはとっても重要なんものです。綺麗に洋服を着こなしたり、もちろん大切な彼のためにもバストを綺麗に保ちたいと思うと思います。

私はぽっちゃり体系だったのでジムに通って必死に色々なエクササイズをしました。

半年で体脂肪が30%から23%まで落ちたのですが、なんと気づいたら胸のサイズもCからBに落ちていました。

体重や体脂肪も落ちたが胸まで小さくなってしまって大ショックでした。

やはり胸は脂肪ですので運動すると落ちやすいんですね。そこで私はジムのトレーナーに相談してバストアップに必要なエクササイズつまり筋肉トレーニングをやるようにしまた。

走るのはバストが揺れて垂れやすく、また負担をかけて良くないんです。効果的なのは大胸筋や肩回りの筋肉を付けることです。筋肉をつけることで胸が大きくなります。脂肪の下に筋肉をつけるイメージです。色々な角度から胸の筋肉を鍛えていくことで、胸の下胸の真ん中胸の上とダンベルの持ち方だったり、トレーニング用の機材の使用の仕方でアプローチできます。それを続けて3か月、私の胸はCカップに戻りました。また肩回り、背中、お腹を一緒にトレーニングすると姿勢もすごくよくなり、胸もますます上を向きとても綺麗になりました。

バストが大きいい人は将来垂れるので、なんとしても筋トレをしてバスト周辺の筋肉を付けることが垂れない秘訣です。そしていつも上向きの綺麗なバストを保てると思います。

胸の大きさや形、肩こりで悩んでる人はまずは筋トレを行ってみてほしいです。どんなにエステに通ったりクリームをつけてもまずは自分の体を中から変えていくことが1番の解決方法です。